抜け毛の症状別ケア方法

頭皮ニキビを対策する方法【今使っているシャンプーを見直してみよう】

悩んでいる女性

頭皮のニキビは、顔や体にできるニキビと同じように多くの方が抱える悩みの一つです。

特に頭皮にできるニキビは、直接見えないので痛みが出るまで気がつかず、対処が遅れることが多いです。

またどんな方法で対処したらよいかということも、お肌ほど情報が多くありません。そのため意外と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そのような方のために今回は頭皮にニキビができてしまう原因やその対処法についてお話しします。

ニキビの原因と種類にはどんなのがあるの?

ニキビとは、毛穴がホルモンと細菌と皮脂の影響で炎症を起こす皮膚性疾患です。そのため皮脂が多く分泌される部位にはできやすくなります。顔、背中、胸などができやすい場所です。そして頭皮もその一つ。

ニキビには、いくつかの種類(段階)があります。毛穴に皮脂や角質が詰まってしまい、毛穴が開き中身が見えている状態を黒ニキビと言います。

そして毛穴が閉じて中身が見えない状態を白ニキビ。さらにこの白ニキビが皮膚の皮膚常在菌と結びつき炎症を起こした状態を赤ニキビと言います。

赤ニキビは、幹部が赤くなり、膿がたまり、黄色くというように進行していきます。さらに悪化すると毛穴が破れて中身が流れ出し、炎症が広がります。この時に触りすぎたり、傷を深くしてしまうと跡が残ってしまいます。

このようなニキビの種類や進行状態はお肌のニキビと同じで頭皮でも起こります。

頭皮ニキビと皮脂の関係

頭皮のニキビの場合は、頭皮は皮脂分泌が多いだけでなく、目で確かめにくい、直接見えないのでお薬やクリームなどでケアしにくいことがあります。

そして頭髪の影響で良い状態をキープしにくいなどの悪い条件が重なっています。

ニキビの最も大きな要因となるのは過剰な皮脂分泌ですが、皮脂は肌の健康を維持する上ではとても大切な役目を果たしています。

皮脂は肌の表面に膜を作り外部刺激から肌を保護する役割があります。その保護膜が無くなった肌は外敵からの攻撃を受け、ダメージを受けやすい状態になります。

完全に皮脂を落としてしまうと肌が敏感に外部の刺激に反応するようになります。弱い状態で防御力を弱めることになってしまうのです。

そしてニキビの原因となる雑菌の影響も受けやすくなります。皮脂は、ニキビにとっては悪影響を及ぼす原因になることもあるけれど、洗い落とし過ぎて少なすぎると、それもまた悪いことで、ニキビの要因にもなることになります。

皮脂分泌を促すのはホルモンバランスの乱れ

頭皮ニキビの原因となる皮脂の分泌は、男性ホルモンにより起こります。男性ホルモンは、女性は分泌されないと思われている方もいるかもしれませんが、女性の方でも男性ホルモンの影響を受けています。

例えばストレスによって交感神経が活発に働くと男性ホルモンが分泌されます。このように分泌された男性ホルモンは、頭皮の皮脂分泌を活発にします。

その結果、頭皮の汚れや角質で毛穴詰まりなども起こします。このような状態は頭皮の状態が悪化して、ニキビや肌トラブルを起こしやすい環境を作ります。

皮脂分泌を促すのは温度変化や季節要因

温度変化や季節的な外的な環境要因によっても、頭皮の皮脂分泌は盛んになります。

例えば夏場の高温や梅雨時の湿気などもあります。反対に冬場は空調や外と室内との温度差が頭皮を刺激して頭皮の皮脂分泌を促します。

冬場の乾燥は、実は予想以上に頭皮の皮脂にとっては悪い影響があります。外気が乾燥している分、頭皮はそれに反応するためにより皮脂を分泌するようになります。

乾燥しているはずなのに冬場でも頭皮のベタベタ感を感じるのはそのためです。たくさんの方が、夏場と冬場で皮膚の変化を感じるように、頭皮も敏感に変化します。

そこで季節に応じた皮脂分泌対策のケアが大切。温度の高い夏場はなるべく肌を清潔に保ち、1日1回必ずシャンプーをするようにしましょう。

頭皮が汗をかいたら、なるべく湿度が上がらないように汗をぬぐって清潔に保つようにしましょう。UVカット付きの帽子をかぶって紫外線対策も効果的です。

乾燥しやすい冬場は、なるべく頭皮の血流を良くするように自宅でマッサージをしたり、保湿対策をしましょう

冬場の空調がききすぎた部屋では、帽子を脱いで汗をかかないようにしたりすることも大切ですね。冬場の乾燥対策がニキビの原因にもなるので気をつけましょう。

頭皮ニキビの対策方法

ヘアケアをする女性

頭皮のニキビを予防、対策するためには次のようなことがポイントです。

【頭皮ニキビを予防・対策するための主なポイント】

  • 頭皮の皮脂分泌を増やさない
  • 正しいシャンプーを選んで正しく洗髪する
  • 紫外線に対策する
  • 血行不良に対策する
  • 頭皮のスキンケアで対策する

皮脂分泌を増やさない

頭皮にニキビができるのは皮脂の過剰分泌であることはお話しした通りです。皮脂が毛穴に詰まると炎症を起こしニキビへと繋がります。

頭皮は、お顔や体以上に毛穴が多く、開きやすいので汚れが詰まりやすい場所。頭皮はニキビができやすい場所の一つです。

頭皮の皮脂の分泌を抑えるには、頭皮を良い状態に保つことが大切です。基本的な対策方法としては、シャンプーがあります。

シャンプーでは、なるべく頭皮を傷つけないようにすることが大切です。頭皮を優しく洗うことや、1日1回のすることが大切です。

回数は疑問に思われている方も多い方もしれません。清潔を保つために2回がよいか、回数をなるべくへらして2日1回などのほうがよいかなどと考える方もいます。実はどちらもあまり良くありません。1日1回がベストです。

そして洗い方は、皮脂をきれいに洗い落とそうとしてごしごしと強く洗ったり、すべての皮脂を洗い落としてしまうのも頭皮にとっては悪いことです。

皮脂の過剰分泌で毛穴がつまらないように、しっかりとかつ優しく頭皮をいたわるようにシャンプーすること、そして皮脂分泌は増やさないけれども、必要な皮脂はキープさせることが大切です。

正しいシャンプーの方法や選び方

女性にお勧めのシャンプー

ニキビの原因となるのがシャンプーです。洗浄力の強すぎるシャンプーは頭皮から必要な皮脂を奪い、結果乾燥しやすくなります。

乾燥による皮脂の過剰分泌を起こします。これが頭皮のニキビへと繋がります。

大切なのが正しいシャンプーです。シャンプーの種類は低刺激でお肌に優しいものが最適です。髪を洗い始めるまでにブラッシングなどをして汚れを洗い落としやすくしましょう。

そして頭皮のフケや埃もはらっておきましょう。頭皮を洗うお湯の温度はぬるま湯で、洗い方はゆっくりマッサージをするように行います。

シャンプーの洗い残しもニキビを起こす原因とも言われていますので、丁寧にゆっくりと洗い落とすことが大切です。

シャンプーの選び方も大切です。

ニキビ用のシャンプーとしては、薬用のシャンプーなどでニキビを集中的にケアするのもがあります。もしニキビがすでにできてしまって、痛みなどを伴う場合は、ニキビ用シャンプーが効果的です。

通常の高級アコール系シャンプーは刺激が強すぎるので、ニキビができてしまった肌には痛みやしみる感じを受けることがあります。

ニキビを集中的にケアするシャンプーは、痒みや皮脂分泌、雑菌対策などにも効果があります。

脂性肌の方は、普段からこれらのシャンプーを使えばニキビができにくくなるかもしれません。

ニキビの状態も、ボツボツニキビや痒みのあるニキビ、フケをともなうものなど、いろいろな症状や段階があります。

ニキビができてしまったら、なるべく悪化しないうちに適切なシャンプーに変更しましょう。症状が軽いうちの対処やニキビができる前にシャンプーで対処しましょう。

まだニキビはできていない方でもアミノ酸系のシャンプーは、頭皮に優しくニキビを予防することにもつながります。

このようなシャンプーは頭皮への刺激が少なく、必要最小限のダメージです。頭皮の皮脂の分泌を促すのは頭皮を刺激することです。アミノ酸系のシャンプーなら頭皮へのダメージのリスクが最小限にとどめられます。

無添加、無香料、ノンアルコールでケミカルフリーなら、頭皮にリスクのあるものが一切排除されていますので安心です。お肌が弱い方でも安心して使えるシャンプーです。

ニキビができる前からこれらのシャンプーに切り替えておけば、ニキビの原因が少なくなります。

このような低刺激のシャンプーを継続的に使い続けることがおススメです。効果が優しい分、成果もゆっくりと徐々に出始めす。

シャンプーを見直すだけでは即効性がなくても、継続的しているうちに徐々に肌トラブルが少なくなります。気がつくとこれまでよりも頭皮の状態が良くなったというのが、長期継続の使用をされた方の感想です。

紫外線に対策する

ニキビのもう一つの原因が紫外線の影響です。紫外線は頭皮に直接ダメージを与え、水分を奪います。そして必要な栄養分が損なわれます。

紫外線の影響でダメージを受けやすい状態となった頭皮は、外部からの侵入物や雑菌などに反応しやすくなります。これが肌荒れや炎症を起こす原因となります。ニキビもその結果の一つです。

そこで紫外線を予防するには、紫外線の多い夏場は必ず帽子をかぶるようにしましょう。

帽子はUVカット機能付きがおススメです。色は濃い色のものが紫外線をたくさん吸収してくれます。また帽子を清潔に保つことも大切です。

皮脂の分泌や汗で不潔な状態とともに、帽子も不潔な状態を起こす原因となることもあります。使用後は洗濯をして、通気性の良い場所で保管しましょう。清潔に保つことが大切です。

そして受けてしまった紫外線のケアも重要です。

お家に帰ったら、しっかりとシャンプーして汚れをとり、ダメージを受けた髪のトリートメントや頭皮はローションなどでマッサージして痛んだ頭皮や髪をケアすることも大切です。

紫外線への対策はニキビにはもちろん、頭皮や髪の良い状態を保つにはとても大切なことです。

血行不良に対策する

頭皮のニキビを起こす原因のもう一つが血行不良です。頭皮の血行不良は頭皮を固くさせ、必要な栄養をいきわたらせにくくします。

不健康な状態の頭皮は、ターンオーバーのサイクルを乱しています。古い角質を作り、それらが毛穴詰まりの原因となります。

血行不良は冬場の外気の寒さや、お食事の栄養の偏り、ストレスなどさまざまな要因から起こります。これらへの対策としては、頭皮のマッサージなどで血行を促進したり、バランスのよいお食事で頭皮や髪に必要な栄養を行きわたらせることが重要です。

ストレスも血行不良の原因です。ストレスは男性ホルモンの働きを活発にし、皮脂分泌を促す原因にもなりますので、ニキビの直接の原因ともなります。

日頃からストレスをためないように、ストレス解消法を持つことやしっかりと栄養をとり頭皮や髪に良い状態を保つことが大切です。

参考:女性はストレスで抜け毛が増える@抜け毛を対策・回復・治す方法

頭皮のスキンケアで対策する

頭皮のニキビにとって大切なのは、まずは重点的な頭皮スキンケアです。お顔や体と同じようにお肌の清潔や良い状態に保つことが最も大切なステップとなります。

頭皮のスキンケアに重要なのは清潔です。雑菌の繁殖は、ニキビの原因です。頭皮の雑菌の繁殖を招くような環境、例えば、梅雨や夏場の汗やシャンプー後の濡れた状態は湿気が高く雑菌が繁殖しやすくなります。

髪の毛の保湿のためにタオルで長い間保湿したり、濡れたまま長時間放置しておくことは悪い状態が長くなります。

シャンプー後はなるべく早めに乾燥させ、頭皮を清潔に保ちましょう。また頭皮の血行不良も同じです。毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、ニキビの最も大きな原因となります。

頭皮はターンオーバーのサイクルが崩れやすい場所です。原因はシャンプーのやりすぎや、刺激の多いシャンプーや頭髪料の使用です。これらはすべて頭皮に刺激を与えます。

髪の毛を保護するために、トリートメントやオイルをつけることも時には毛穴詰まりの原因になることもあります。

整髪料のスプレーやワックスなどは特に油脂成分がたくさん入っていますので、かならずシャンプーでしっかり洗い落としましょう。

ワックスなどは洗っても落ちにくく、髪に残ってしまう事も多いため、ニキビを招きやすくなります。できればニキビができているときは、このような整髪料はお休みするのが良いでしょう。

頭皮のスキンケアの用品も今ではたくさん手に入るようになりました。ローションやクリームなども水分補給や保湿ができます。

もしニキビの症状が進んでいる場合には、ニキビの薬もあります。

市販のニキビ薬は、頭皮にもつけられるかを確認しておきましょう。使用時は、お薬が髪につかないように気をつけて幹部にゆっくりと塗りこみます。

頭皮は直接見ながら塗れないので、ニキビをつぶしたり、ひっかいたりしないように注意しながら塗りましょう。

もう一つ頭皮のスキンケアで大切なのが、清潔をキープすることです。

例えば、枕やシャンプー時に使うタオルを清潔に保つために洗濯をしたものを使いましょう。枕も通気性のよいタイプのものや選択可能なものを選びましょう。

メッシュタイプや冷感効果のあるものもありますので、特に梅雨の時期はこのような枕を利用すれば睡眠中も汗をかきにくく、防臭、防カビ効果にも優れています。

自宅でのケアで効果を感じられない場合、皮膚科の受診をしましょう

女性の薄毛治療クリニック

もしいろいろ対策してもニキビが治らない、繰り返してできてくる、あるいは症状が悪い場合は、皮膚科受診をおススメします。

特に薬局では塗り薬や飲み薬など、それぞれの方の症状に応じたお薬を処方してもらえます。

ニキビの原因が、もしかするとお肌だけはなく内臓疾患と関連している場合もあるので、症状によっては医師からのアドバイスが必要になる場合もあります。

このようにさまざまなニキビ対策があります。多くの軽いニキビや時々のニキビは日常対策で予防、対策が可能ですので、毎日の生活の中でニキビに対処していくことを心がけましょう。