部位別・肌質別の育毛剤の選び方

びまん性脱毛症に効果的な育毛剤と治療法を徹底解説

頭頂部から分け目が薄くなってしまうのが女性の薄毛の特徴。
女性の薄毛は、じんわりと時間をかけて進行するので、「びまん性脱毛症」とも呼ばれます。

インターネットでびまん性脱毛症の対策方法について調べてみると、
「食事を改善しましょう」「運動しましょう」「育毛剤使いましょう」「シャンプー変えましょう」
って感じのばかり出てきますが、実際に改善できた方は少ないはず。

頭頂部の分け目が薄くなるびまん性脱毛症は、人によってケア方法が変わってくるので、「〇〇すればオッケー」という簡単な話じゃないです。
むしろ、自分に合っていない方法を続けても全く効果を実感できない場合もあるので要注意!

ということで今回は、頭頂部の分け目が薄くなるびまん性脱毛症について、とっても詳しくまとめました。

「どうすればよいの?」「このまま薄毛が酷くなるだけかも…」
と不安に思っている方も、最後まで読んでいただくとかなり理解できるはずです。

びまん性脱毛症の原因と症状

そもそも、「私は頭頂部の分け目が薄いびまん性脱毛症なの?」と気になる方も多いと思います。
次の写真のような状態なら、びまん性脱毛症だと考えて問題なしです。

biman01引用元:http://www.hairmedical.com/aga-search/s/0015/

biman02引用元:http://www.hairmedical.com/aga-search/s/0114/

びまん性脱毛症の特徴は、頭頂部の分け目部分を中心に髪の毛が細く薄くなっていくということ。
生え際が後退したり、一部分だけ薄毛になったりするのとは決定的に違うので見分けがつきやすいです。

で、「どうして分け目が薄くなるの?」という原因についても説明しておきます。

分け目が薄くなるびまん性脱毛症が発症してしまう理由は、主に次の6つが要因だと考えられています。

びまん性脱毛症の原因
  1. 加齢
  2. 女性ホルモンバランスの乱れ
  3. 頭皮環境の悪化
  4. 生活習慣の乱れ
  5. ストレス
  6. 過度なダイエット

特に多いのが、「加齢」「女性ホルモンバランスの乱れ」です。

加齢

男も女も加齢によって髪の毛が細くなっていくのは仕方のないこと。
顔にシミやシワが出来るように、髪も細くなってしまいます。

加齢によって髪が細くなってしまうのは、ヘアサイクルの変化も関係しています。

ヘアサイクルとは

ヘアサイクルとは、髪の毛1本1本にある周期のことで、成長期(髪の毛が成長する時期)⇒退行期(成長が緩やかになる時期)⇒休止期(成長がストップして抜け落ちる準備の時期)を繰り返すこと。

加齢に伴い、ヘアサイクルの成長期が短くなるため、髪の毛が細く薄くなると考えられています。
また最近では、加齢によって頭皮のコラーゲンが減少することも脱毛の原因の一つだということが明らかになっています。

女性ホルモンバランスの乱れ

更年期や出産後に抜け毛が急に増えたりするのはホルモンバランスの乱れが原因。

髪の毛を維持するためには、女性ホルモンのエストロゲンが大事な働きをしていますが、更年期や産後にはエストロゲンが急激に減少してしまいます。
その結果、ホルモンバランスが乱れてしまい、抜け毛や薄毛に繋がってしまいます。

髪の毛が細くなってしまうのも、エストロゲンの減少が原因だと考えられています。

頭皮環境の悪化

頭皮に合っていないシャンプーを使ったり、間違ったトリートメント(コンディショナー)の使い方をすると、頭皮環境が悪化する原因に。

「香り重視でシャンプーを選んでいる」「価格重視でシャンプーを選んでいる」という場合は要注意。
また、ヘアカラーやパーマ、縮毛矯正のやりすぎなどもパーマ液などが頭皮に刺激を与えるので危険です。

生活習慣の乱れ

睡眠不足、運動不足、偏食、喫煙といった生活習慣は、血行不良に繋がるため、薄毛の原因に。

髪の成長に必要な栄養素が毛根に届けられないことが原因で髪が細くなったり、頭皮環境の悪化にもつながります。

ストレス

過度なストレスががたまると、ホルモンバランスの乱れを引き起こしたり、血流に悪影響を与えてしまいます。

ホルモンバランスが乱れると薄毛に繋がりますし、血流が悪くなると細毛を招く原因となってしまいます。

過度なダイエット

必要以上にカロリー制限をしてしまうと、髪の成長に必要な栄養素が不足するため細毛、抜け毛の原因に。

特に、タンパク質(アミノ酸)、ミネラル、ビタミンなどが不足すると顕著に髪に影響が出る恐れもあるので要注意。

FAGA(男性ホルモンの影響)

頭頂部の分け目が薄くなる原因として、男性ホルモンの影響ということがあります。
特に40代以降の女性に多く、更年期などをきっかけに女性ホルモンが減ってしまい、相対的に男性ホルモン量が多くなることで起こると考えられています。

他の脱毛の原因とは少し違うため、対策方法も異なってきます。

40代以降に薄毛が気になるようになってきた
頭皮の皮脂が気になるようになってきた

これらに実感がある場合、男性ホルモンの影響による脱毛(FAGA)の可能性があるので、次の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
FAGAにおすすめの女性用育毛剤と治療法!効果のある対策とは女性の薄毛の中でも、男性ホルモンが原因で発症するものを「FAGA(女性の男性型脱毛症)」といいます。 FAGAの特徴は、生え際や頭...

頭頂部の分け目が薄くなるびまん性脱毛症が引き起こされるには、このような理由があります。

特に「加齢」「ホルモンバランスの乱れ」によって分け目が薄くなるケースがとっても多いです。

びまん性脱毛症が治らない間違ったケア方法

頭頂部 薄い 女性」「分け目 薄い 女性」などで検索してみると

食事の見直しをしましょう
育毛剤を使いましょう
シャンプーを変えましょう

って感じのブログやサイトが多いですが、自分に合っていないものを適当に選んでもほとんど意味ないです。
むしろ、頭皮に合っていないことに気付かずに使い続けることで、反って頭皮環境を悪化させる恐れもあるので気を付けてください。

まず、びまん性脱毛症をケアするためには、「あなたに合った方法に取り組む」ということがとっても大切。

分け目の薄毛がまだ気になり始めた程度なら自宅ケアで良いですが、かなり進行してしまっている場合は病院にいくしかないです。
分け目の薄毛が数年以上続いていて、地肌が見えているのに育毛剤で解決できる…ってことはないので気を付けてください。

また、シャンプーやサプリメントを使っただけで改善されるわけもないので要注意です。
シャンプーやサプリメントはあくまでも補助的な役割なので、基本的には有効成分が入っている育毛剤、もしくは薬を使いましょう。

食事の見直しや運動不足の解消だけで改善されることは本当に少ないので、効果が認められている方法に適切に取り組むことが必要不可欠です。

では具体的に、分け目が薄くなるびまん性脱毛症のケア方法について説明してきます。

びまん性脱毛症の症状別のケア方法

びまん性脱毛症のケアに取り組む前に、まずはあなた自身がどの程度の薄毛が進行しているのかチェックしていきます。

ここでは、薄毛初期・中期以降という2つに分けてそれぞれのケア方法、治療方法を説明します。
参考画像として頭頂部の分け目の画像を添付しているので、あなたの頭髪に近い方を参考にしてみてください。

薄毛初期の対策方法

次の画像の分け目や地肌の露出なら、自宅でのケアでも十分です。


この程度の分け目は、薄毛が進行している可能性は低く、していてもかなり初期状態という感じ。

いきなり薬を使うという方法もありますが、副作用などのリスクもあるので抵抗がある方も多いので、まずは自宅でじっくり取り組んでみると良いです。

自宅ケアする場合、女性用育毛剤を使ったケアをメインにして、余裕があればシャンプーやサプリメントを使えばOK。
間違ってもシャンプーだけ、サプリだけで何とかしようと思わないほうが良いです。

>>> びまん性脱毛症におすすめの女性用育毛剤の選び方

薄毛中期以降の治療方法

次の画像のように分け目の薄毛が進行している場合、育毛剤を使ったケアだけでは不十分です。
薬を使った薄毛治療に取り組むことを検討してください。

biman01引用元:http://www.hairmedical.com/aga-search/s/0015/

biman02引用元:http://www.hairmedical.com/aga-search/s/0114/

これくらい頭頂部の分け目が薄くなってしまうと、発毛薬などの薬を使った治療に取り組むのがメインになります。

「薬って何?大丈夫?」と気になるかもしれませんが、最近では女性の薄毛治療を専門に取り扱うクリニックも増えてきています。
薄毛治療のクリニックで飲み薬や塗り薬をメインとした治療に取り組んでいきます。

女性の薄毛治療については次の記事で詳しくまとめましたので読んでみてください。

参考:女性の薄毛治療ってどうなの?人気クリニックの選び方

自分の薄毛状況が客観視できないならクリニックへ

頭頂部の分け目の薄毛は、初期と中期以降で対策方法が変わってきます。

ただ、「客観的に自分の薄毛状態を理解できない」という場合もあるかもしれません(写真などを取ればある程度客観視できますが)。
そういう場合、まずはクリニックで診察してもらうという方法もあります。

クリニックはお医者さんがいるので、びまん性脱毛症が進行しているのかどうかを診察してくれます。
体調が悪い時に病院に行って、風邪なのかインフルなのか診察してもらうのと同じ感覚です。

ただし、最近では商業臭が強いクリニックもあるので、クリニック選びは慎重にする必要があることを理解しておきましょう。

びまん性脱毛症使える女性用育毛剤

びまん性脱毛症ケアのために最適な女性用育毛剤を選ぶ場合、次の2つのポイントをチェックしておけばOK。

育毛剤の選び方
  1. 浸透しやすいよう工夫されている
  2. 余計な添加物が入っていない

浸透しやすいよう工夫されている

これは超大事。
育毛剤の効果について賛否両論分かれてしまう原因の一つが「浸透しない」ということ。

当たり前ですよね。どれだけ良い成分が入っていても浸透しなければ意味なしです。
化粧水やオールインワンでも同じですが、しっかりと成分を浸透させてあげることが必須。

育毛剤の場合、浸透させるために様々な技術が使われているのですが、一番メジャーなのが「ナノ化」と呼ばれる手法です。
成分を1/1000にまで小さくすることによって、浸透力アップをさせるようにしています。

ナノ化だけではないですが、浸透力アップの工夫の有無についてはチェックしておくとよいです。
見分け方としては、「公式サイトに記載があるかどうか」でOK。

しっかりと浸透させる技術は、育毛剤において明らかにアドバンテージになるのでやっていれば記載されています。

余計な添加物が入っていない

これも超大事。
育毛剤ってシャンプーとは違って洗い流さずに付けて放置しておくもの。

それなのに、香料や着色料、界面活性剤などの添加物が入っていたら頭皮のダメージになっちゃうので要注意です。

特に、加齢やホルモンバランスの乱れ、頭皮トラブルによって薄毛が気になる場合、頭皮が敏感になりがち。
そんな頭皮に刺激が心配されている成分が入った育毛剤を使ったら、考えただけでも恐ろしいですよね…。

ということで、びまん性脱毛症ケアのためには、「浸透しやすいよう工夫されている」「余計な添加物が入っていない」2つをチェックすれば、まず失敗することはないです。
そのうえで、より期待できる成分が配合されているのかどうかを確認しながら選べば大丈夫。

いくつかお勧めの女性用育毛剤をご紹介しておきます。

びまん性脱毛症におすすめの女性用育毛剤

ベルタ

びまん性脱毛症ケアに一番おすすめなのが「ベルタ育毛剤」。

ベルタ育毛剤には、40種類以上のスカルプ成分が入っているので、抜け毛の予防や発毛促進に効果があります。
ベルタほどたくさんの成分が入った育毛剤って私は知らないです(おそらく業界トップ級)。

また、浸透しやすいよう成分をナノ化しているので実感しやすくなっています。
リピーターがとっても多いので、実感している方が多いことがわかりますよね。

最近だと、芸能人やモデルさんの間でも愛用者が増えているようです。
インスタや雑誌でベルタ育毛剤が取り上げられることも増えてきましたからねー。

芸能人やモデルさんは髪の毛が命なので、こういったケア商品についてはかなり詳しいです。
そういう方々が続々と愛用しているということは、十分期待できるってことですよね。

ベルタ育毛剤をおすすめするもう一つの理由が、「プラセンタエキス」を配合しているということ。

プラセンタエキスは、医療機関でも使われている注目の成分。
最近では、プラセンタを直接頭皮に注入する施術などもあり、それだけ育毛効果も高いことを証明しています。

この価格でプラセンタエキスを配合した女性用育毛剤は他に見つけられなかったので、コスパもかなり良いです。

下記の公式サイトから注文すると90日間の返金保証がついています。
もし使ってみて合わなければ、突き返すとタダになります。

育毛剤って結局使ってみるまで合うかどうかわからないんですよね。
ネットの口コミをどれだけ探しても、結局は個人差がありますから。

なので返金保証が付いている間にとりあえず試してみた方がいいですよ。
合わなければ返金してもらえますし、合えば使い続けることで薄毛も気にならなくなりますからね。

こういうのはササッと早めに行動して、1日でも早くケアした方が結果も早いですからね。

ベルタの公式ページ

参考:ベルタ育毛剤を使った本音口コミ【効果や副作用について詳しくまとめ】

リジュン

「ベルタ育毛剤が合わなかった、実感できなかった」という方はコレ。

リジュンは育毛剤ではなく頭皮用美容液という分類ですが、海外でも話題の「リデンシル」という成分を配合しているのが特徴。
リデンシルは、海外メーカーが開発した成分で、世界的にも期待されている成分となっています。

リジュンも、「浸透力アップのためのナノ化」「無添加」なので効果は間違いなし。

化粧品なので有効成分が入っていない分、初めてにはお勧めできませんが、他の育毛剤から乗り換えるなら試してみる価値ありです。

リジュン公式ページ

びまん性脱毛症の治療方法

びまん性脱毛症の治療には、塗り・飲み薬を使う方法や、「育毛メソセラピー(HARG療法)」と呼ばれる施術方法などがあります。
基本的には、ミノキシジルやパントガール、その他ビタミン剤などを内服して治療していくのが一般的。

多くの場合、月に1度通院して薬を処方してもらい、あとは自宅で薬を使って治療を勧めます。
頻繁に通院する必要もないので、忙しい方でも取り組みやすい治療方法として利用者が増えています。

薬を使うので副作用のリスクがあります。
ミノキシジルの場合、「頭皮の炎症、痒み」などがありますし、特に女性は肌が敏感なので出やすい方も多いです。

こういった副作用などのリスクについては、クリニックでもしっかりと説明してもらえますし、万が一副作用がでても適切に対処してもらえます。

参考:女性の薄毛治療ってどうなの?人気クリニックの選び方

まとめ

最後まで、読んでいただきましてありがとうございます。
長々と頭頂部の分け目が薄くなるびまん性脱毛症について書いてきましたが、最後にまとめておきます。

まず、びまん性脱毛症をケアするために、

  1. 有効成分(厚労省が許可した成分)が入った育毛剤、もしくは薬を使う。
  2. 薄毛初期なら育毛剤を使って様子を見る
  3. 薄毛中期以降なら専門医で治療を受ける

基本的には、このステップでケアしていけばOKです。

ヘアサイクルの関係上、育毛剤でも薬でも即効性は期待できません。
効果を実感するまでには、最低3か月~6か月ほどは時間がかかるので、しっかりと続けることが大切。

「育毛剤を使って実感できない!」という場合は、クリニックで相談してみるのもありです。

あと、偏食や睡眠不足などの生活習慣の見直しも徐々にでもやっておきましょう。
やっぱり栄養が偏ってしまうと髪に良くないですし、睡眠時間が短ければ成長ホルモンが分泌されないので、髪が伸びにくいです。

関連記事