抜け毛・薄毛の基礎知識

食事制限ダイエットは抜け毛の恐れがあるので要注意!健康的に痩せる方法について

ダイエットをしようと頑張っている女性

最近は、多くの女性がダイエットをしています。ダイエットと抜け毛が関係あることは、ダイエット中は意外と気がつかないものですが、実はダイエットは頭皮や髪にとても影響があるものなんです。

実際、多くのダイエット経験者の方は、ダイエット中よりもダイエット終了後に、

  • 最近、抜け毛が増えはじめた
  • ダイエットをやめて普通の生活に戻ったのに髪の抜け毛が止まらない
  • いつになったら元の髪がもどるだろうか

というように、ダイエット後に抜け毛の悩みを持ち始める方がとても多いです。

そしてとてもたくさんの方が、「もしかしてこのままどんどん抜け毛が進んで薄毛になるのではないか」という悩みを抱えています。

今回はそのような方のお悩みを考えていくために、まずはなぜダイエットでなぜ抜け毛が起こるのかということを説明し、間違えたダイエットで起こる抜け毛についてお話しします。

そして抜け毛になりやすいダイエットやダイエットする場合に気をつけることなどをご紹介したいと思います。

ダイエットの頭皮や髪への影響

過度な食事制限によるダイエットを行ってしまうと、髪の毛に必要な栄養素が不足してしまいます。

食べた栄養素のほとんどは、生命維持に必要な器官、たとえば心臓や肺、脳などへ先に運ばれるので、髪や爪などはどうしても最後に送られるものとなります。

ダイエットで過度に栄養素が減ると、髪にはほとんど届けられなくなり髪が弱り抜け毛へと繋がってしまうのです。

さらに、新しい髪の成長も滞りがちになり薄毛になる恐れもあります。それが髪の栄養失調状態で髪の質の低下や細く弱い毛となり、抜け毛、白髪などに繋がります。

間違えたダイエットは抜け毛の原因になる

ダイエットによる薄毛で悩んでいる方の共通点は、短期間で極端な体重減少があった方です。

大よその目安としては、数か月で体重が10キロ以上減少した方、体重の10~15%以上の減少があった方のほとんどが、その直後から数か月後に抜け毛に見舞われることが多いです。

ほとんどの方はダイエットをやめたのに一向に直る気配がない、むしろひどくなってきているような気がすると感じられています。

食事はダイエット前のように戻し、なるべく偏食せず野菜などもとっているにもかかわらず良くならないということが起こります。

そしてダイエットで抜け毛を経験された方は、細くて短い抜け毛が増える方が多いです。このような短い抜け毛は髪の成長の途中で毛根が弱り抜けてしまうものです。

栄養不足の髪が弱って頭皮から成長する力が無くなってしまったために起こります。

【抜け毛の原因になる危険ダイエット】こんなダイエットは要注意!

注意を促している女性

実際にこのようなダイエットをされている方は抜け毛の影響が顕著に表れます。

【こんなダイエットが薄毛に悪い】

  • カロリー1日1000キロ以下
  • 必要な栄養を摂らない極端な食事制限やバランスの悪い食事や絶食
  • 過度な運動との組み合わせ
  • 激しい糖質制限ダイエット

1日1000キロカロリー以下の極端のダイエットは抜け毛の原因になるので要注意

最近は、過激なダイエットをされる若い方も増えています。

高校生の方などはやせ願望のあまり、1日1000キロ以下の摂取量しか食事を摂らない方や絶食してしまう方も増えています。

大半の方は十分な知識もないまま、ただカロリーだけにこだわったダイエットを続けて、1ヶ月で10キロもやせられます。

しかしこのような過激なダイエットは数か月後には生理が止まってしまった、反動ですぐにリバウンドしてしまった、拒食症や過食症になってしまったなどという方も増えています

美容を気にしてはじめたダイエットも健康や日常生活にまで支障をきたし後悔を感じられています。

このように単純にカロリーを減らすことだけにこだわったダイエットは体にはもちろん、美容や気持ちの面でも悪い影響があります。そして髪もその一つです。

抜け毛が1日10本以上もあり、以前は太くて量も多いほうだったのに最近は髪が細くてボリュームもなくなってしまった、なかなか新しい髪が生えてこないという方も多く、これらはダイエットが影響していると考えられます。

多くの方が2度と生えてこないではと不安に思われているようですが、それはありません。

元通りに回復するまではかなり努力が必要ですし、ダイエットよりずっと長い期間がかかるかもしれませんが、基本的には影響の原因が改善されれば良くなるのがこのタイプの脱毛症です。

そのため、このような急激なカロリーを減らしたダイエットは髪のためには即座に中断するようにしましょう。

1日1000キロ以下は、生命活動に必要なカロリーさえ下回っており、ましてや美容や特にその末端となる髪への栄養は阻害された。

過度に激しい運動をしすぎるのは抜け毛の原因に

そしてもう一つは、激しい運動との組み合わせのダイエットです。

運動は適度な運動であれば健康にも美容にも、もちろん頭皮や髪にも良いのですが、カロリー消費や筋肉増強のための激しい運動やトレーニングは逆効果になることがあります。

不要なカロリーだけでなく必要なカロリーまで消耗し、体内の栄養素を多量に消耗してしまいます。

スポーツ選手など体を鍛えた人が激しいカロリー制限と運動をくりかえすことのように、準備や体力がない通常の人がそのような極端な食生活と運動をすることはとても危険です。

頭皮や髪だけでなく健康にも影響が出ます。激しい運動を長時間続け、無酸素運動をすると交感神経が過度に刺激され、激しい興奮状態が続き血行が悪くなります。

寝る前の運動などは睡眠やリラックス状態を妨げ、髪にとって大切な心地よい休息が阻害されます。

無酸素運動は男性ホルモンを活性化する働きもあり、筋肉を作るのには有効なのですが、男性ホルモンの増加は抜け毛を招くことになります。

そして女性ホルモンの分泌が減ると女性の成長や生殖に必要なホルモンが分泌されず、特に10代の成長期の女性は女性らしい体への成長が妨げられます。

糖質ダイエットは抜け毛になりやすい!?

最近、多くの方が実行されているダイエットの方法に糖質制限ダイエットがあります。糖質を最小限に抑えたり、あるいは全くカットして食事を摂る方法です。

糖質オフ商品も増え、成人病治療にも効果があると評判なので様々な方法で実行されている方が増えています。

この糖質制限ダイエットは、やり方によっては抜け毛の原因となることがあります。

糖質制限ダイエット自体は有効に活用できるダイエットである場合が多いです。普段の食事から、主食や糖分を抜くだけで、それ以外のタンパク質や脂質は摂れるので、髪の成長に必要なたんぱく質はもちろんビタミンや亜鉛なども摂れることになります。

しかし、糖質制限ダイエットの経験者、特に女性の間で言われる悩みが、数か月後(2~3か月後)に急に抜け毛が増えてきたということです。この理由はいろいろな説があります。

糖質制限ダイエット中に合わせて、タンパク質も減少させてしまったり、ビタミンやミネラルなどの髪の栄養に必要な栄養を補給しなかったのではないかというのが通説です。

また糖質制限ダイエットは、場合によっては糖質ゼロなどという激しい制限で極端に摂取カロリーが少なくなってしまうことが多いです。

こうなると摂取した栄養はほとんど生命活動に回されて、髪や頭皮にいきわたらなくなってしまいます。

そして糖質制限ダイエットで避けた方が良い食品の中に、たとえば乳製品や豆類など、タンパク質が多い食品や果物などビタミンが多い食品も含まれています。

もし十分な食品の栄養素全般の知識がないまま糖質制限をすると、糖質だけなくタンパク質やビタミンなども減らす結果になっているかもしれません。

本来、糖質制限ダイエットの良いところは、糖質を抑えるだけで減量効果があることです。比較的栄養成分などの知識が少ない人でも簡単にできるダイエットであることが人気で、糖質以外はあまりこだわらず、どんな栄養成分が必要なのかというが考えて摂られない場合もあるかもしれません。

これがデメリットであり、抜け毛の原因となります。髪の生成に大切な栄養まで少なくしていることが考えられます。

激しいダイエットは休止期脱毛症を起こす

ヘアサイクル

そしてここのような激しいダイエットの結果、休止期脱毛症を起こすと言われています。休止期脱毛症は、びまん性脱毛症の一つです。

びまん性脱毛症ケアにおすすめの女性用育毛剤を徹底まとめ

ヘアサイクルで約9割を占めている成長期が、急に休止期に移行することで生じる脱毛症です。

休止期脱毛症は、毛髪の密度が低下しているために生じているので、男性の脱毛症のように毛髪が極端に少なくなることは少ないです。髪が全体的に薄くなり、徐々にボリュームが少なくなってきます。

女性の休止期脱毛症は、加齢や内臓疾患の影響や貧血とともに、ダイエットの栄養不足によって起こることが多いと考えられています。女性は女性の男性型脱毛症と並んで多いタイプの脱毛症の方がとても多いです。

それ以外にも、妊娠の後のホルモン分泌の影響や外科的ショック、精神的ストレスなども影響があり、甲状腺疾患や高熱など様々な理由により頭髪の休止期が伸びることがあります。

通常は直接的な理由となっている状態が改善されれば抜け毛も回復してきますが、もし直接的な原因が無くなったのに半年以上抜け毛が続く場合は慢性休止期脱毛症の可能性があります。

ダイエットをやめても半年以上抜け毛が止まらない場合は慢性休止期脱毛症かもしれません。

このような慢性性休止期脱毛も原因が取り除かれると、いつかは回復する可能性が高いです。しっかりと治癒していくことが大切です。

正しいダイエットの知識が抜け毛や薄毛の予防になる

頭皮ケアを紹介している女性

このように間違えたダイエットや栄養不足で、抜け毛を招くことは明らかなことです。それでもきちんとした方法でダイエットをすれば、抜け毛も最小限に抑えることができます。

そこで以下のようなことに気をつけてダイエットをするのが良いでしょう。

【ダイエットで気を付けること】

  • 栄養のバランスを考えた食事制限
  • 必要な栄養素の補給
  • 適度な運動との組み合わせ
  • ストレスをためず楽しく行う
  • 規則正しく健康的な日常生活を保つ

ダイエットの抜け毛対策:食事の見直しが重要

実際に抜け毛に気をつけながらダイエットをするならまず最も大切なのは栄養バランスを考えた食事制限です。

摂取カロリーは、極端に減らさず、かならず栄養のバランスを考えた食事をするのが良いでしょう。

成人女性の場合、2000カロリーの必要カロリーがあるとするなら、20%までのカットが適切です。最低でも1500~1600カロリーは摂るのが無理のないダイエットです。

そしてあまりカロリーだけにとらわれず、必要な栄養バランスをとることを心がけることが大切です。

特に髪の成長に必要な3大栄養素のタンパク質、ビタミン、亜鉛は欠かすことができません。もしお食事で補えない場合はサプリなどで補給するのがオススメです。できればサプリに頼りすぎずに、できるだけ食事の中でとれるようにすると良いです。

そして最近絶食や食事回数を減らすダイエットがはやっていますが、これも空腹期間を長く作るので良くありません。それよりは甘い物やおやつを数日に1回にして、カロリーの高いものを摂らないのが良いです。

そして週に1、2回は休息日を作って、好きな食べ物を食べれる日をつくることも大切です。

ダイエットのストレスをためないことが何よりも大切です。ダイエットで抜け毛に悩んでいる方の多くの声は、ダイエットで食べられないストレスがたまってドカ食いをしてそれがさらにストレスになり、、、、というように、好きなものを我慢することはかなりの精神的な苦痛となります。

つまりストレレス性の脱毛症へも繋がります。我慢のしずぎはやめて、時々息抜きをしながら長期戦でダイエットをしていくことが大切です。

ダイエットの抜け毛対策:適度な運動を行う

適度な運動も大切です。過度な運動が抜け毛を招くことはお話した通りですが、適度な運動は必要です。

1日20分~30分程度のウオーキンやストレッチなどが適しています。

また忙しく時間のない方なら通勤、通学をたまにはバスや電車から徒歩で行くなど、日常的な動作を増やすことでも十分に運動になります。

休みの日は、家の周りや自然や公園へでかけて、ノンビリすごしたり、軽くジョギングなどをするのも良い方法です。室内ならストレッチやヨガなどもリラックスできる方法です。あるいは長めのお風呂に入って代謝を良くすると効果が上がります。

これまで運動をあまりしなかった人が急に運動を始めるのは危険ですので、まずは簡単な運動や軽いストレッチで体をならしましょう。

気晴らしにお友達とスポーツをしたり、クラブやサークルに入るのも楽しい時間が増えとても有効な方法です。
 
このように抜け毛について注意しながらダイエットを行う場合に大切なことは、急激なダイエットをしないことが一番です。

目安ととしては、長期的にスパン、たとえば半年ぐらいで数キロ、体重の5~10%程度ぐらいにとどめるべきです。50キロの体重の方であれば、半年で2、3キロを目標としおきましょう。

かりにもう少し落としたい場合でも、あまり長期で継続するよりは一度ダイエットを休む期間をつくり、体に急な変化を与えないことが大切です。

髪にとって長期で髪の成長の休止期ができないようにするのが良いです。ダイエット中は、栄養素をしっかり取り髪の成長を妨げないようにしましょう。

特に10代の女性にとって急激なダイエットは、髪の成長だけでなく体の成長にも影響をおよぼします。成長期に必要な栄養素が摂取されないと、女性ホルモンが分泌されず、女性としての成長が妨げられます。妊娠や生殖に必要な生理や女性らしい体への移行が阻害されます。

過度なダイエットを続けた結果、10代の女性の多くは生理がとまり、若年性の脱毛症になることもあります。これらな女性ホルモンが正常に分泌されていないサインです。

これらの症状が見られた場合にはすぐにダイエットをやめ、通常の生活に戻すことが大切です。

これまで以上に食事バランスや摂取栄養に気をつけ、十分な睡眠や適度なスポーツをして、ストレスをためない生活に戻しましょう。これらが髪の健康への近道と言えます。

抜け毛・薄毛ケアには女性用育毛剤を使った頭皮ケアを始めましょう

女性用育毛剤

ダイエットによる抜け毛や薄毛が気になり始めたら、ダイエットの見直しと同時に女性用育毛剤を使ったケアを始めるようにしましょう。

先ほどもお伝えした通り、人によっては食事メニューを見直すことで抜け毛が落ち着く方もいますが、そのまま改善されずに薄毛が進行してしまう恐れもあります。

そのため、頭皮環境を整え、抜け毛の予防・薄毛に効く育毛剤を使うことで、より本格的な頭皮ケアを行うことができます。

最近では、10代や20代の女性でも頭皮ケアとして女性用育毛剤を使ってケアされる方が増えてきているので、ボトルもお洒落で使いやすいものが多いです。

ダイエットの抜け毛も放置していると酷くなる一方ですので、早めにしっかりとケアしておきましょう。

こちらも記事も一緒に読まれています