育毛成分

センブリエキスの働き【女性用育毛剤の成分を解説】

センブリエキスは、多くの育毛剤に配合されているため、その名前はとてもよく知られるようになりました。
しかしその知名度にもかかわらず、実はどんな成分なのかあまり詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

今回はセンブリエキスとはどのような成分なのか、そしてその効果、効能、利生商品などについてお話ししたいと思います。

センブリエキスの効果

血行促進

センブリエキスは、血液循環を促進する効果があります。
血液の循環で、頭皮にも育毛に必要な栄養分を運搬することを促進します。

抜け毛や薄毛の原因は頭皮の血行不良による栄養不足が要因となります。
センブリエキスは、血行を促進し抜け毛や薄毛を防止します。血液の流れが滞ると、髪が細くなり、髪が痩せ抜け落ちやすくなります。

女性の場合、ダイエットなどの影響で頭皮の栄養不足は大きな要因です。センブリエキスは女性の方にも期待できる成分といえます。

抗炎症作用

センブリエキスを含む育毛剤は、毛髪の成長を妨げる頭皮の炎症を防ぐ効果があります。
頭皮トラブルは毛穴詰まりを起こしたり、痒みや炎症へと繋がるため、抜け毛の原因となります。

特に頭皮に炎症にはセンブリエキスは効果があります。

毛根の細胞分裂の活性化

毛細胞から栄養を受けとり、髪の成長に関係するのが毛乳頭細胞です。センブリエキスの成分は毛乳頭の働を活発にし、発毛を促します。

抗酸化作用

センブリエキスには抗酸化作用があります。紫外線やストレスによって、酸化ストレスが高まると、活性酸素は増加し、老化の原因となります。これを抑えるのが抗酸化作用です。センブリにはこの抗酸化作用があるので、アンチエイジングなどにも最適です。

消炎鎮痛作用

そしてセンブリエキスは炎症を抑え痛みが発生した場合の鎮痛作用もあります。肌トラブルにも効果を発揮します。

センブリエキスに含有する成分

このような働きには、センブリエキスに含まれている成分のためです。次のような成分が含まれています。
 

  • スウェルチアマリン
  • ゲンチオビクロシド
  • トリテルペン、トリテルペノイド
  • スウェルチアニン、スウェルチアノリン
  • スウェロシド
  • アマロゲンチン、アマロスウェリン
  • キサントン

スウェルチアマリンは抗炎症効果、ゲンチオビクロシは抗酸化作用、トリテルペン、トリテルペノイドは抗腫瘍作用、スウェルチアニン、スウェルチアノリンは血行促進作用、スウェロシドは消炎鎮痛作用、アマロゲンチン、アマロスウェリンは毛乳頭細胞増殖促進作用、キサントンは抗炎症・抗酸化作用があります。

これらの豊富な成分が相互に作用して、トータルな髪の健康をサポートします。

センブリエキスが配合されている女性用育毛剤

センブリエキスは現在では、男性用、女性用合わせてさまざまな育毛剤に有効成分として活用されています。例えば次のような商品に入っています。

  • ベルタ育毛剤
  • フィンジア育毛剤
  • エスモEX 薬用育毛ローション
  • チャップアップ(CHAP UP)育毛ローション
  • スカルプD 薬用育毛トニック スカルプジェット
  • リゾゲイン ヘアエッセンス

この中でも特に「ベルタ育毛剤」は、女性用育毛剤として抜け毛・薄毛で悩む女性のために開発されているためお勧めです。

女性にうれしい、無添加・オーガニック処方となっているため、センブリエキスをはじめ自然由来の育毛成分をたっぷりと配合した安心して使える女性用育毛剤に仕上がっています。

下記のページでは、実際に私がベルタ育毛剤を使った感想をまとめているのでぜひ、参考にしてみてください。

参考:ベルタ育毛剤を実際に使った感想・評価【配合成分を詳しく解説!】

センブリエキスのメリットとデメリット

センブリエキスの良い点は、植物由来なので他の育毛剤のような副作用のリスクがほとんどいらないところです。
センブリエキスには副作用の心配はほぼ無いといっても過言ではありません。

女性や未成年でもリスクが少ない成分として推奨されているほどです。

反面で心配点としてあげられるのが、お肌への刺激です。やや刺激が強めの成分なので、お肌の弱い敏感肌や乾燥肌の方は、十分注意が必要です。
お肌が荒れる、痒みやアレルギー反応が出るなど、肌トラブルを起こさないように、お肌のテストをまずは行ってから使用をはじめましょう。

そしてもう一つは、センブリエキスの効果にやや個人差があることです。

通常は、効果があらわれるのに半年程度と言われています。
一部のかたにはまったく効果が現れないことがあります。

センブリエキスは、そのような個人差がわりとはっきりしています。半年以上続けて全く変調を感じなければ、あるいは効果がないタイプかもしれません。

さらにブリエキスは植物由来の優しい成分である反面、効果はやや緩やかです。
即効性や劇的な効果を求める方にとっては、少し物足りなさを感じるかもしれません。

どちらかといえばゆっくりとじわじわと効果が出てくるので、根気よく続けることが大切です。
これはほかの植物由来の成分にも共通することですが、センブリエキスもそうだと言えます。

センブリエキスの育毛以外の効果

実はセンブリエキスは、育毛以外の目的でも使用されています。以下のような効果が期待できます。

  • 胃の調子を整える
  • 食欲を増進
  • 食欲不振の改善
  • 食べ防止
  • 下痢防止

このようにセンブリには、主に胃腸に効果があります。

苦味成分として苦味配糖体のスウェルチアマリン、スウェロシド、アマロゲンチン、アマロスウェリン、ゲンチオピクロシドなどが含まれているので、これらが作用して胃腸の働きを良くします。

アマロスウェリンは特に苦みの強い成分です。
これらの千振に含まれている苦味成分の働きにより、舌の感覚神経を刺激し、唾液や胃液の分泌を促進させます。食欲の増進などにも効果を発揮します。

センブリの活用法

センブリは、お薬や育毛剤などへの活用だけではありません。
他の摂取方法としてセンブリ茶があります。先にお話ししましたように、胃腸の改善にも効果があるので健康や美容目的で、お茶としても飲むこともできます。

面白い話としては、その強い苦みがあることから、センブリ茶は罰ゲームなどにも使われているようです。
実際にテレビのバラエティー番組に登場したこともあるとか。

その苦さは、ピーマンやビールなどは目じゃありません。
それでも良薬口に苦しですから、効果は高いことはお墨付きです。

センブリ茶は、生薬から作る場合は手に入れた生薬をさらによく乾燥させます。
天日干しをして完全に乾燥させます。
乾燥したら、全草一本分を刻んでお茶に入れるか、ミキサーなどで粉末にしても使えます。

数分間しっかりとエキスが出たら、あとは飲むだけです。
先回振っても苦みがあると言われるように、何度でも苦みがある間は飲めます。

消化不良、食欲増進、胃痙攣など消化器系の不調全般に効果がありますので、胃腸の調子が悪い時はお薬代わりにも活用できます。

二日酔いにも効果的であるので、二日酔いの朝に一杯飲んでいくだけで胸やけや気分の悪さが緩和されます。
最近は薬局などでも手に入る粉末やティーパックタイプもありますので気軽に試せます。

センブリ茶は 苦味胃腸薬として有名な生薬で、 最も苦い生薬(ハーブ)と言われていています。

カフェインを含まないので子供や妊婦さんでも安心して飲めますが、とっても苦いので(子供は逃げ出すとも言われるほど!)、小さなお子様やご高齢のかたには少し刺激が強いかもしれませんので注意して飲みましょう。

そもそもセンブリはこんな植物です

もともとセンブリエキスとは、センブリ(千振)という植物で、リンドウ科センブリ属に属する二年草の植物です。

日本でも、北海道、本州、九州、四国など広い地域に分布しており、薬草として親しまれてきました。

センブリの中にもいくつか種類があり、イヌセンブリ(犬千振)、ムラサキセンブリ(紫千振)、ベニバナセンブリ、ハナハマセンブなどがその一種です。
センブリは日本以外では、朝鮮半島、中国などにも生育しています。

耐寒性があるので、日当たりがよければ滞水しなくとも林縁部や草地に自生してくる植物です。

1年目は、根生葉として育ちます。2年目にようやく花を咲かせます。
茎は1~2ミリと細く、四角く紫色なのが特徴です。

根本から数本に分かれて生えており、葉は線形で細長い形をしています。
2年目の秋ごろには、1~2センチの小さな紫色のラインの模様のある花を咲かせます。

細い根、小さな花という可憐な形や見た目に反し、噛むとすごく苦い味がするのがセンブリの大きな特徴です。

その全草を乾燥させたものが生薬となります。生薬名は当薬で、現在民間薬や家庭配置薬の原材料として広く活用されています。

センブリエキスとは

センブリエキスには、胃腸虚弱、下痢、腹痛、発毛、そして化粧品などにも使われており、健康、美容など幅広い目的で使用されています。

ゲンノショウコ、ドクダミとともに、日本三大民間薬の一つで、日本でも最も良く知られている民間薬の一つです。
その名前の由来は、千回振出してもまだ苦いということから来ているように、とても苦い薬として知られています。

かつて薬草は、漢方の薬として中国から伝来したものがほとんどでした。
しかしこのセンブリは、日本独自で生まれ、発展してきた歴史があります。

遡ると室町時代以前には、ノミやシラミを殺す殺虫剤として使われたことから始まります。

そして江戸時代に入ると、胃薬として用いられたようになりました。
その苦みから、日本の植物学の父といわれる牧野富太郎は、「センブリは 嫌だとばかり 子供逃げ」と、子供は名前を聞いただけで逃げ出すほどだと、苦さを詠みました。

かつて西洋医学(蘭学)者のシーボルトもその苦さのため、ヨーロッパでは最も苦い薬の一つとして知られるゲンチアナと間違えたとも言われています。