部位別・肌質別の育毛剤の選び方

女性の生え際が後退する原因と今すぐ始めたい薄毛対策方法まとめ

前髪の生え際が後退している気がする…
こめかみのM字部分が薄くなっている…

女性でも前髪の生え際部分や、こめかみのM字部分が薄く後退することがあります。

生え際の後退って、髪の毛で隠すのが難しいので、ヘアセットが変になったり、風吹いたときに嫌な思いしがち。
シャンプーを変えても治らないし、食べ物に気を付けるだけでも治りません…。

とはいえ、薄毛を放置していても勝手に良くなることはなく、むしろ徐々に進行してしまうケースがほとんど。

実は、生え際の後退は正しいケアをすることで落ち着くことが多いです。
今は病院での治療という選択肢もあるので、できるだけ早く対策に取り組むことが超重要です。

人によって効果を感じるまでの期間は違いますが、実感できる方法をまとめたので良ければ参考にしてみてください。

女性の生え際が後退してしまう原因

まず、「どうして女なのに生え際が後退するのか?」ということについて説明していきます。

女性の生え際が後退してしまう原因として考えられているのは次の7つ。中でも特に多いのが初めの「ポニーテール脱毛」。

生え際が後退してしまう主な原因
  1. 牽引性脱毛症(ポニーテール脱毛)
  2. ホルモンバランスの乱れ
  3. 加齢
  4. ストレス
  5. 頭皮トラブル
  6. 生活習慣の乱れ
  7. 過度なダイエット

牽引性脱毛症(ポニーテール脱毛)

女性の生え際が後退してしまう原因として特に多いのが、「牽引性脱毛症」と呼ばれる症状。

牽引性脱毛症とは、ポニーテール脱毛とも呼ばれ、髪の毛を引っ張ることで脱毛してしまうことをいいます。

ポニーテールって言われますが、それ以外にもエクステつけたり、前から引っ張ってお団子髪作ったり、髪の毛を強く引っ張る髪型などは全部これに当てはまるので気を付けてください。

ポニーテールなどの髪型が原因の場合、単に髪型を見直してあげれば徐々に治っていきます。

強く引っ張られることで、抜けやすくなったり刺激になっているだけなので、髪型が原因の場合はとにかく早く髪型見直しましょう。

変な育毛剤買ったりシャンプー買ったりする必要はないです。髪型変えるだけで落ち着くので。

頭皮トラブル(メイクの洗い落とし)

生え際の後退の原因としてよくあるのが、ファンデーションなどのメイクをしっかりと落とせていないということ。

生え際部分に付着したまま寝てしまい、雑菌が繁殖して頭皮トラブルになっているケースです。
クレンジングや洗顔を十分にしないと、知らず知らずのうちにメイクが残っているので要注意。

メイクのすすぎ不足の場合、まずは生え際を清潔にして、頭皮環境を整えてあげることが大切です。
抗炎症作用のある育毛剤を使って頭皮環境を整えるのが一番楽でコスパも良いです。

生え際部分が赤くなって炎症を起こしてしまっている場合、脂漏性皮膚炎や接触性皮膚炎を起こしている可能性があるので皮膚科を受診しましょう。自宅ケアでは難しいので、薬を処方してもらいます。

脂漏性皮膚炎の場合、フケが増えていたり、皮脂でてかり気味になるのが特徴。
接触性皮膚炎は、赤くなったり刺激を感じているのが特徴です。もしこのような症状が出ている場合、皮膚科を受診するようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠や出産をきっかけに生え際の後退が気になるようになった…という場合、ホルモンバランスの乱れが原因かも。
10代や20代の女性の場合、無理なダイエットでもホルモンバランスが乱れることがあります。

妊娠や出産期は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が一時的に急激に増えて下がってというサイクルになるので、産後にドバっと抜け毛が増えやすいです。
この時期に、人によっては薄毛まで進行してしまい、生え際が特にやられてしまうケースも。

妊娠中や産後の薄毛の場合、基本的には1年から1年半ほどで落ち着く場合がほとんどです。<
これは、産後1年ほどするとホルモンバランスが落ち着いてくるので、それに伴って髪もしっかりと成長するようになるから。

ただ人によってはそのまま薄毛が進行してしまうケースもあるので、イソフラボンなどの女性ホルモンに似た栄養素を取りつつ、育毛剤でしっかりとケアしてあげましょう。

既に生え際の後退がとっても進行してしまっている場合は、後述しますが薄毛治療を受けた方が確実です。育毛剤は薬ではないので進行しすぎると期待できません。

FAGA(男性ホルモンの影響)

40代以降の女性に多い原因としては、男性ホルモンの影響で薄毛が進行することもあります。
女性ホルモンの分泌量が下がることで相対的に男性ホルモンの分泌量が増え、体内で抜け毛の原因となる強力な男性ホルモンが作られてしまいます。

男性の薄毛(AGA)とメカニズムが似ているので、FAGA(女性の男性型脱毛症)といいます。

FAGAの特徴としては

  • 40代以降で生え際が気になり始めた
  • 頭皮の皮脂が気になるようになってきた

というのがあります。

FAGAの場合、他の脱毛とは対策方法が少し違うので、次の記事を参考にしてみてください。

→ 女性の男性型脱毛症(FAGA)の原因・対策方法を詳しく紹介

生え際が気になり始めたらできるだけ早めに育毛剤や病院でしっかりとケアしてあげることが大切。

女性の生え際が後退してしまう原因としては、主にこのような理由があります。
「髪型」「メイクの落とし不足」「ホルモンバランスの乱れ」特にこの3つが多いです。

女性の生え際の後退対策方法

生え際の後退をケアするためには、次の3つのうち、自分に合ったケアに取り組むことが大切です。

生え際の後退ケア方法
  1. 髪型を変える(ポニーテール脱毛の場合)
  2. 育毛剤を使う
  3. 薄毛治療を受ける

髪型を変える(ポニーテール脱毛)

ポニーテール脱毛(髪の毛を引っ張っている髪型)の場合、髪型を変えることが何よりの対策方法。

「似合う髪型がない」という場合でも、禿げることよりはマシだと思うので、何よりも早く髪を引っ張る髪型をやめましょう。

基本的には、髪型を変えるだけで徐々に落ち着いてきます。

薄くなってしまった部位も、3か月ほどで元に戻るようになるので少し我慢するしかないです。

「髪型を変える以外にもできることはしておきたい!」という場合、後述する育毛剤を使ってヘアケアをしてあげると良いです。

シャンプー買えたり、特定の食品を食べたりして劇的に良くなることはないので、変なシャンプーやサプリを買わされないよう気を付けてください。

女性用育毛剤

生え際の後退がまだ初期の状態なら、女性用育毛剤を使ってケアをはじめましょう

育毛剤には、「医薬部外品」「化粧品」「医薬品」の3つの分類がありますが、自宅ケアするなら医薬部外品の育毛剤を選ぶと良いです。

医薬部外品とは、有効成分(厚生労働省が効果を認めている成分)が配合されていながら、副作用の心配がほとんどない商品のこと。

血行促進や抗炎症作用など、頭皮環境を整えるために必要な成分がしっかりと配合されているので、十分効果が期待できます。

また最近では、育毛剤の成分の質も向上していてより実感される方が増えてきています。

ちなみに、ドラッグストアでも売っている「リアップジェンヌ」というミノキシジルが配合されている発毛剤は薬なので副作用のリスクがあるので要注意。

適切に使うと発毛効果が期待できますが、初期の状態なら副作用が心配な薬は避けた方が無難だと私は思っています。

>>> 生え際の後退ケアに使える育毛剤の選び方はこちら

薄毛治療

生え際の後退がかなり進行してしまっていて育毛剤では効かない場合、専門クリニックでの薄毛治療を検討してみましょう。

薄毛治療と聞くと男性のAGA(男性型脱毛症)治療をイメージされる方も多いですが、最近では女性の薄毛治療に取り組まれる病院も増えています。

中には女性の薄毛治療を専門に取り扱うクリニックもあり、完全予約制、女性のスタッフが対応してくれるなど通いやすいクリニックもあります。

薄毛治療は、飲み薬や塗り薬を使った治療になるのでより強力な効果が期待できます。

基本的には月に1度通って、薬を処方してもらいながら治療を勧めるのが一般的です。

薄毛治療は保険適応外なので毎月1万円~3万円ほど必要になってしまうものの、育毛剤で満足できなかった場合は試す価値があります。

>>> 女性の薄毛治療クリニックの選び方はこちら

シャンプー・サプリメントは薄毛に効きません!

生え際の後退が気になり始めると、シャンプーの見直しやサプリメントを使い始める女性が多いです。

しかし、シャンプーやサプリメントには薄毛に効く成分は配合されていません。

シャンプーは、刺激の強い硫酸系からアミノ酸系シャンプーに変えることで頭皮に優しく使うことが出来ます。

それ自体は良いことですが、アミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーに変えても薄毛に効く成分は入っていません。

サプリメントはあくまでも栄養食品なので、不足する栄養を補うもの。薬ではないことを理解しておきましょう。

生え際の後退が気になり始めたら、育毛剤を使う、専門医で治療するというのが必要になります。

生え際の後退に効く女性用育毛剤の選び方

前髪の生え際部分や、こめかみのM字部分は、ほかの部位に比べて血管が少ないため乾燥しやすいのが特徴。
だから、育毛剤を選ぶ時はうるおい保湿成分がたっぷり入っているものを選ぶこと。

あと、生え際部分はファンデーションや洗顔の洗い落としなどの刺激が原因で、頭皮が硬くなりやすいです(頭皮の硬化といいます)。
固くなってしまった頭皮に育毛剤を付けても、実はほとんど浸透せずに流れ落ちてしまうだけ…。

だから、前髪の生え際やこめかみのM字部分に使うなら浸透しやすい育毛剤を選ぶこと。

うるおい保湿成分がたっぷりと入っていて、浸透しやすい育毛剤を選べば、気になる生え際に効果的です。

育毛剤を適当に選ぶのではなく、このように生え際に効果が期待しやすい育毛剤を選ぶことが大事。
具体的に、これら2つのポイントをクリアしている育毛剤を紹介しておきます。

もちろん、すべて実際に私が使ったものを載せているので安心してください。

ベルタ育毛剤はナノ化しているから浸透して実感しやすい

ベルタ育毛剤

前髪の生え際の後退や、こめかみのM字部分にお勧めなのが「ベルタ育毛剤」です。

ベルタ育毛剤は、ファンデーションや洗顔の洗い残しで固くなった頭皮を柔らかくする保湿成分を配合しています。
「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「プラセンタ」といった保湿成分がたっぷり入っているので、固くなった頭皮を柔らかくして弱った髪に栄養を与え、強く太い毛に。

生え際の浸透しにくい部分にも効果があるよう、成分をナノ化(とっても小さくすること)しているので、成分が奥まで浸透して実感しやすいです。
生え際の細い毛や短い毛は、成長途中の毛であることが多いので、しっかりと育てることができます。

無添加でアレルギーテストも実施済みなので、敏感肌・乾燥肌で刺激が気になる方でも使えます。

ベルタを使った方はわかると思うんだけど、続けると抜け毛の量が変わったり、ボリューム感が出たりする。

「これ以上、生え際の後退を酷くさせたくない!」って場合は、ベルタ育毛剤を試してみると良いです。

下記の公式サイトから注文すれば、30日間の返金保証も用意されているので試しやすくなっています。

公式ページ

女性の生え際後退治療を受けるクリニックの選び方

女性の薄毛治療を取り扱うクリニックは年々増えてきていますが、どこを選んでも良いわけではありません。

薄毛は人によって症状や進行状況が違うため、しっかりと一人一人に合った治療を受けられるクリニックを選ぶのが基本となります。

薄毛治療を受ける場合、次のようなクリニックを選ぶことで失敗する可能性は減らせます。

薄毛治療クリニックの選び方
  • 無料カウンセリングを実施している
  • 治療実績が豊富
  • 料金体系が明瞭

無料カウンセリングを実施している

始めて薄毛治療を受ける場合、いきなり治療を勧めるのは不安が多いです。

そのため、まずは無料カウンセリングを実施してるクリニックに足を運ぶことをお勧めします。

薄毛治療は1回や2回通うだけで終わるわけではなく、1年ほど通うのが一般的です。

そのため、自分に合わない医師やスタッフ、雰囲気の場合、通うのがつらくなってしまってやめる原因になる恐れがあります。

まずは無料カウンセリングを実施しているクリニックで話を聞くことをお勧めします。

治療を受けるかどうかは、カウンセリングで話を聞いてから決められますからね。

治療実績が豊富

薄毛治療は一人一人症状などが違うため、治療実績が豊富なクリニックを選ぶことをお勧めします。

一般的な皮膚科などの薄毛治療が専門でない病院の場合、治療実績が少ないために画一的な治療になりがちです。

しっかりと症状に応じた治療に取り組むためにも、治療実績が多く安心できるクリニックを選びましょう。

料金体系が明瞭

薄毛治療は保険が効かないため、同じような治療でもクリニックによって値段が全然違います。

商業色の強いクリニックの場合、「初月〇〇円」などと安くお客を集めて、後々高額な医療費ローンを組ませるところもあるとか…。

そういったクリニックを避けるためにも、料金は明確になっているところを選ぶようにしましょう。

それでは、これらを踏まえたうえで女性の薄毛治療におすすめのクリニックをいくつかご紹介します。

女性の生え際後退におすすめのクリニック

銀クリ(銀座総合美容クリニック)

銀座総合美容クリニック(通称:銀クリ)は、テレビCMもしている人気の薄毛治療クリニック。

完全予約制・分かりやすい料金体系をしているおすすめのクリニックです。

薄毛治療クリニックとしての実績も豊富で、都内や関東地方に住んでいるならまずは無料カウンセリングを受けてみてください。

公式ページ

東京ビューティークリニック


女性の薄毛治療を専門に取り扱うクリニックが、「東京ビューティークリニック」。

女性の薄毛治療薬が5,000円から始められるなど、コスパが良いのが人気の理由。
専門医師が開発したオリジナルの発毛薬も処方されており、あなたに合った治療方法を提案してもらうことができます。

もちろん、安さだけではなく、治療実績も豊富。
これまでに14万人以上の女性の薄毛相談実績があるので、安心して通えるクリニックとして評価も高いです。

東京・大阪・福岡・北海道・愛知・埼玉など、全国に店舗があり、駅近で通いやすい立地も選ばれてる理由。

できるだけ治療費を抑えたいけど、満足できる効果を得たい!
怪しいクリニックじゃなくて、治療実績が豊富なクリニックを選びたい!
このように考えているなら、東京ビューティークリニックがおすすめ。

無料カウンセリングも行っているので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

公式ページを確認する

ヘアメディカルビューティー

ヘアメディカルビューティーは、女性のための薄毛治療専門クリニック。

薄毛治療の実績が豊富で、銀クリに通えない方はこちらがおすすめです。

東京、名古屋、大阪、福岡に店舗があるため、通いやすくなっています。

銀クリよりは値段が高くなってしますが、こちらも非常に信頼できるクリニックさんです。

公式ページ

まとめ

生え際の後退で悩む女性は増えていますが、大事なことは出来るだけ早くにしっかりとケアすること。

薄毛や抜け毛が初期の状態ならまずは女性用育毛剤を使ったケアで様子を見てみましょう。

最近では、女優さんやモデルさんもヘアケアの一つとして育毛剤を使ってしっかりとケアされています。

育毛剤を使うことが恥ずかしい…という考えは変わってきているので、しっかりとケアを始めておきましょう。

既に生え際の後退がかなり進行してしまっている場合は、専門医でのクリニックを検討してみましょう。

銀クリ・ヘアメディカルビューティーのどちらかを選べば、まず失敗することはありません。

私も実際に無料カウンセリングを受けましたが、とっても雰囲気が良かったですよ^^

関連記事:

  1. ベルタ育毛剤を使った本音口コミ【効果や副作用について詳しくまとめ】
  2. ヘアメディカルビューティーの治療費用や施術内容を徹底まとめ