ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤の副作用に要注意!抜け毛・かゆくなる原因と対策方法

人気の育毛剤ベルタを使ってみたけど、「抜け毛が前よりも増えた」「痒くなった…」という人も。

ベルタ育毛剤は、アレルギーテストも実施済みなので、敏感肌や乾燥肌でも使えるようになっているけど、人によっては成分に反応しちゃうことも。
なので、ベルタ育毛剤を使って抜け毛が増えた…痒くなった…としても、絶望しなくても大丈夫。

ただ、抜け毛が増えたって場合、「ダメな抜け毛」と「良い抜け毛」があるので、使い続けた方が良い場合もあります。

「痒くなった」って場合は、ベルタ育毛剤に入っている成分があっていないので、他の育毛剤に変えた方が良いです。
ベルタには、エタノールなどのアルコール系成分が入っているので、ノンアルコールの育毛剤なら使いやすいかも。

→ ノンアルコールならこの育毛剤

では具体的に、ベルタ育毛剤の副作用について説明していきたいと思います。
「敏感肌で心配!」って買う前の人も、「使ってみたけど痒くなった」って人も参考にしてみてください。

ベルタ育毛剤の副作用とは

ベルタ育毛剤は、薬(医薬品)ではないので副作用は基本的にありません。
育毛剤で副作用があるのは、大正製薬から販売されている「リアップジェンヌ」くらい。

ただ、副作用はないものの、成分が合わなかったりすると、頭皮が赤くなってしまったり、抜け毛が増えたり、痒みがたり…ってことは起こります。
これはベルタに限らず、どの育毛剤でも同じ。

もっと言えば、育毛剤だけじゃなくて、化粧水や美容液、オールインワンジェルでも同じように反応することもあります。
私は超乾燥肌ですぐに粉拭いてしまうレベルなのですが、合わないクリーム使うとピリピリしちゃいます…。これも反応してるってこと。

ベルタ育毛剤の成分が合わない場合、次のような症状が出てしまう可能性があります。

  1. 抜け毛
  2. かゆい
  3. フケ

もっと細かく言えば、頭皮が赤くなったり、ピリピリ感を感じたりありますが、基本的にこういう症状が出たら要注意。
具体的に、それぞれ説明していきます。

ベルタ育毛剤の副作用で抜け毛が増える原因

初期脱毛

一つ目は、初期脱毛と呼ばれる症状です。

初期脱毛とは、育毛剤や発毛剤の効果によって、ヘアサイクル(毛周期)の休止期(成長が止まって抜ける準備期間)の毛が抜け落ち、一時的に抜け毛が増えたように感じてしまうことです。

育毛剤を使い始めて数週間から1か月程度で抜け毛が増えたと感じることが多いのが特徴です。

初期脱毛は、いわゆる好転反応の一種なので、一時的に抜け毛が増えるものの、そのまま使い続けると良いと考えられています。

育毛剤の成分がしっかりと働いているため、抜ける準備をしている毛が抜け落ち、次に新しい毛が生え変わります。
あくまでもヘアサイクルを促進しているだけなので、初期脱毛による抜け毛は心配なしです。

むしろ、ベルタ育毛剤などの医薬部外品で初期脱毛を感じるということは、その育毛剤と相性が良いとも言えます。
一時的に抜け毛が増えて焦ることもありますが、そのまま使い続けることで実感しやすくなります。

頭皮に合っていない

初期脱毛とは反対に、使い続けるのは良くないのが頭皮に合っていないケースです。
ベルタ育毛剤を使い始めてから「頭皮が赤くなった」「炎症を起こしている」などの症状と共に抜け毛が増えている場合は要注意。

ベルタ育毛剤に配合されている成分との相性が悪く、アレルギー反応などが出ている恐れがあります。

ベルタ育毛剤は、できるだけ頭皮への刺激になる成分が配合されていないのですが、様々な自然由来成分が配合されています。
人によってはそういったエキス類に反応することもあります。

ベルタ育毛剤を使い始めてから、抜け毛や頭皮の炎症などを感じた場合、使用を中止するようにしましょう。

ベルタ育毛剤の副作用でかゆくなる原因

ベルタ育毛剤を使い始めてから痒みを感じる方もおられます。
育毛剤を使って「かゆい!」と感じる原因としては、「接触性皮膚炎」「間違った使い方」の可能性があります。

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎というのは、育毛剤などの刺激によって紅斑と呼ばれる赤いブツブツ頭皮にが出来たりすることをいいます。
赤いブツブツ以外にも、丘疹と呼ばれる皮膚がぷつっと盛り上がったり、水疱なども症状に含まれています。

副作用の心配がほとんどないベルタ育毛剤でも、人によっては接触性皮膚炎を起こす恐れがあります。
これはベルタ育毛剤に限らず、どんな育毛剤や化粧品でも同じ。

というのも、接触性皮膚炎の原因は個人差が大きく、どの成分で反応してしまうのかはわからないのです。
そのため、ベルタ育毛剤を使い始めてからかゆいと感じ、頭皮に異常がある場合は使用を中止するようにしましょう。

敏感肌や乾燥肌の方はもちろん、これまでそういった症状が出たことがない場合も、かゆみがある場合は要注意です。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは、皮脂などが原因で生え際部分などの頭皮にフケが発生してしまう症状のこと。
頭皮が赤っぽくなり、フケが出てしまうのが特徴です。痒みに関しては、個人差があるみたいです。

脂漏性皮膚炎が出てしまう原因は明確にはなっていまん。
外的要因やストレスなども要因の一つではないのか、と考えられています。

もし育毛剤を使い始めてからフケがでたり、頭皮の赤みが気になる場合、専門医を受診するようにしましょう。
脂漏性皮膚炎は、皮膚科で薬を貰って治療する必要があるので、育毛剤の使用は中止してお医者さんに相談する必要があります。

間違った使い方

頭皮に異常はないけどかゆいと感じる…。このような場合、間違った使い方をしている恐れもあります。

育毛剤は、各メーカーによって使い方が微妙に違うので、取扱説明書を読んで正しく使うことが大切です。
ベルタ育毛剤の場合、次のような使い方をすると痒みの原因になる恐れがあるので注意しましょう。

  • 汚れを落とさずに育毛剤を使っている
  • ドライヤーで乾かした後に育毛剤を使っている
  • 推奨量以上に付けすぎている

もしこのような間違った使い方をしているならすぐに見直すことをお勧めします。
ベルタ育毛剤の使い方については、下の記事で詳しくまとめているので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ベルタ育毛剤の効果を最大限発揮させる使い方【効果なし…と感じたら必見!】「ベルタ育毛剤を使っているのに、なかなか効果が出ない…」って悩んでいませんか? 効果が出ないのは、間違った使い方をしているからかも。 ...

ベルタ育毛剤の副作用でフケが出る原因

上記でご紹介した「初期脱毛による抜け毛」「接触性皮膚炎による痒み」以外に起こる可能性のある副作用についてもまとめておきます。

乾燥性皮膚炎

ほとんどないとは思いますが、ベルタ育毛剤を使い始めてからフケが酷くなっているなら乾燥性皮膚炎の恐れも。
乾燥性皮膚炎とは、頭皮が乾燥することで痒みが生じ、フケがポロポロとでてしまう症状。

ベルタ育毛剤には、うるおい保湿成分としてヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲンなどがたっぷりと配合されています。
それらではケアできないほど乾燥している場合、乾燥性皮膚炎によるフケが出る場合も。

ただし、こういう方は、ベルタ育毛剤を使う前から乾燥している恐れが高いので、ベルタ育毛剤が原因とは考えにくいかもしれません。

ベルタ育毛剤が副作用で合わない時の対策

育毛剤を変える

ベルタ育毛剤の成分が合わずに、抜け毛が増えたり痒くなったら、育毛剤を変えることをお勧めします。

ベルタ育毛剤に入っている成分で気になるのは、「エタノール」。

ベルタ育毛剤は余計な添加物が配合されていないものの、アルコール成分の一種である「フェノキシエタノール」「エタノール」などが微量入っています。
他の育毛剤に比べると配合濃度は低いものの、これらの成分で反応してしまう方もおられます。

そのため、ベルタ育毛剤から乗り換えるなら、アルコール成分を全く使っていない育毛剤がおすすめ。
とはいえ、実はアルコールが入っていない育毛剤ってほとんどないんです…。

色々調べてみると、ノンアルコールの女性向け育毛剤としては「ミューノアージュ」がありました。

ミューノアージュは、皮膚科形成外科の院長さんと共同開発されている育毛剤で、「頭皮美容液」と「育毛剤」の2つを使う珍しいタイプ。
アルコール(エタノール)が無添加という珍しい育毛剤なので、アルコール成分で反応しやすい方は試してみてください。

下記の公式サイトでは2週間のお試しキットが用意されているので、試しやすくなっています。

ミューノアージュ公式サイトへ

返金保証を利用する

ベルタ育毛剤には、90日以内の返金保証が用意されています。
万が一、ベルタ育毛剤を使って痒みや赤みなどが出てしまい、続けるのが難しい場合は返金保証が利用できます。

返金保証の利用方法については、次の記事で詳しくまとめているので参考にどうぞ。

あわせて読みたい
ベルタ育毛剤の定期便を解約・返金する方法!解約理由って何!?ベルタ育毛剤の定期便を解約しようと調べてみると、解約するための条件がいろいろありました。 「いつでもすぐに解約できる!」というわけ...

まとめ

ベルタ育毛剤は、アルコール濃度も低くてアレルギーテストも実施されているので、敏感肌でも使いやすい1本です。
ただ、やっぱり合わない人もいるので、そういう場合は、無理に続けるのではなく、違う育毛剤に変えた方が良いです。

合わない成分の育毛剤を使い続けてしまうと、かえって頭皮環境が悪化してしまう恐れもありますからね。

こちらも記事も一緒に読まれています